作業を行う前に

芝刈り

作業を楽にするために

庭は手入れをしていませんと、すぐに雑草が生えて来るので困ってしまいます。庭の草取りの回数を減らし、作業を楽にするために注意点を守って作業を行いましょう。また、草取りをするときは根から引き抜き抜いて、土中に根が残らないように気を付けましょう。草だけを取って根が土中に残っていますと、草取りの後に再び雑草が生えてきます。草取りをするときは、レーキや三角ホーで数センチ程度掘り返して抜きましょう。そして地下茎が伸びている根は、途中で切れないように注意を払って引っ張っていきましょう。雨上がりの後は土が水分を含んで柔らかくなり、草が抜きやすくなるので草取りにはおすすめです。逆に土が乾燥している場合は、事前に水撒きをして土を湿らせておくと草が引き抜きやすくなります。加えて草刈りをするときは、日差しが強く気温も高い日中にするよりも、日の強くない時間帯に作業をすると体力的にも負担が少ないです。服装は虫に刺されることも考えて、長袖のシャツと長ズボン、防止も用意しておくといいでしょう。さらに、ガーデニング用として販売されている手袋を購入しておきますと、破れにくく雑草もつかみやすいです。作業は腰に負担がかかりますので、園芸用品として販売されている椅子に座りながら作業をすると体に負担も少ないでしょう。また、草取りの回数を減らすために、除草剤定期的に散布しておくのもいい方法です。 散布した後に土に接すると成分が消失するものを使えば、地下水にも土壌にも除草剤の成分が残りませんので安心して使えます。