芝刈り

作業を行う前に

草取りをする際は土を数センチほど掘り返して、再び生えてこないように根っこから抜くようにしましょう。 また、作業を行う日は土が湿って草の抜きやすい雨上がり後を選ぶと作業は楽になります。作業は日中よりも涼しい時間に行うと体力も奪われません。

詳しく見る

庭

業者に依頼する理由

造園業者に、自宅の庭にある芝生の手入れ頼む方は数多いです。造園業者は芝生の知識も深く、経験を積んでおり、芝刈り機や手入れの専用の道具を使います。個人では手間のかかる作業をすべて 任せることができるでしょう。

詳しく見る

キク

庭の手入れは業者に依頼

庭木の手入れに頼もしいのが、作業の経験を積んでいる造園業者です。仙台の造園業者に手入れを頼むと、必要な機器や道具を揃える必要もありません。また、庭の手入れの際のゴミも処分してくれるでしょう。

詳しく見る

草むしり

和の花の栽培

キクを育てるための土作りや肥料、水やりなど過程がいろいろとあります。難しいという人には植物を販売している店員に育て方をアドバイスしてもらうという方法もあります。 キクは病気や虫がつきやすいため、その対策も大事になります。

詳しく見る

ハサミと芝生

やっかいな雑草を刈る

農業やガーデニングで草取りを業者に依頼する人が増えています。料金は業者によってまちまちですが、大体は土地の広さによって決まります。ほかのサービスやゴミの処分料などはまた別料金となるので事前の確認が大切です。

詳しく見る

ガーデニング

庭の管理に役立つサービス

芝生の手入れは、専門業者に代行してもらうことができます。一番信頼できる業者を選ぶためにも、事前の下調べが大事です。参考になるのは業者のWebサイトです。ここでは、具体的なサービス内容と実際に利用した人の感想を読むことができます。候補となる業者を絞り込んだら、無料見積りを依頼して結果を比較をします。

詳しく見る

菊

庭造りを業者に頼む方法

家を新築した時やリフォームした時に、庭造りも一緒に行う人が多いです。仙台のような都会にはたくさんの造園業者がいるので、費用や評判によって選ぶようにします。木の剪定の場合は処理費が2倍ぐらいかかります。複数の業者を選んで見積もりを出してもらう時は、細かい作業内容をチェックすることが大事です。

詳しく見る

成長に合わせた肥料を

草むしり

水切れと日当たりにも注意

日本の国花でもあるキクは2万種以上の種類がある宿根草です。古くから親しまれている花で、生け花や食用キクなど、日本人の日常生活に大変密着した馴染み深い花といえます。キクの育て方は、良い土を用意することから始まります。腐葉土や赤玉、ゴロ土を混ぜた通気性の良い土に、元肥として緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。ホームセンターなどにキク用の土として販売している土がありますが、これはキクに適した土と元肥が調合してありますのでそれを購入しても良いでしょう。次に苗を植え付けますが、なるべく茎が太く葉の間隔が短いしっかりした苗を選んで購入します。植えたら大切な生育期に肥料切れをおこさないように、乾燥肥料の油かすを置き肥をとして与えます。但し、油かすは花を付けるまでの期間のみ使用して、つぼみを付けたらリン酸を配合した液体肥料を使用しましょう。油かすは苗を大きくするために必要な窒素を多く含み、リン酸は開花に必要な養分です。このように時期に合わせた肥料を与えることがキクの育て方のポイントです。常に水切れを起こさないように注意することと、日当たりのよい場所に植えることも、きれいな花を付けるための育て方として重要な点です。花が咲き終わったら葉や茎は枯れていきますが、根は生きているので茎を根元からカットします。カット後しばらくの間は水やりを続けて、春まで完全に土が乾かないようにしておくと春先に新芽が顔を出します。キクの育て方は難しくはないので園芸の初心者でも比較的簡単です。何年も楽しめるキクを是非庭やプランターに植えてみましょう。